2017年6月アーカイブ

DTM機材を買取店へ

私は20代の頃にクラブミュージックの制作をしていました。

自宅にはDTM機材やエフェクターやPAスピーカーなどがあり、練習をしたり友人を招いてパーティーをしたりしていました。

仕事の都合で趣味時時間が割けなくなり、DTM機材はほとんど使わなくなっていきました。

結婚が決まり同居する為に引っ越しをする事になったのですが、もうえエフェクターラックやミキサーなどの音楽関係の機材は必要ないと判断して売りに出そうと決心しました。(モニターは音楽鑑賞用に残すことにしました)

最初は近所の中古品を取り扱うお店に持ち込んだのですが、買い取り品目にないという事で100円などでしたので断りました。

次にインターネットオークションに出品したのですが、自分の希望価格では落札されず、値段を叩かれたりしてやり取りが面倒でした。

さらに梱包などが非常に面倒だった事や、機材が重く送料がかさむ事で直接取引を希望されたりと、手間がかかってしまい上手くいきませんでした。

最終的に楽器買取を専門に扱っている買い取り業者に自宅へ来ていただき、持っている機材を全て見てもらってその場で見積もりを出していただき、納得できる金額だったのでそのまま引き取ってもらいました。

アナログ卓やコンプレッサー、ローランドのテープディレイなどが思いのほか良い値段がつきました。

新宿営業所と耳鼻科

私の仕事はそんなに部署移動が有る方ではないのですが、都内の営業所は多く、いつも住居から微妙に遠い駅に配属されるので困っていました。

昨年春の辞令で新宿営業著勤務になったのですが、やはり通勤に不便なので引っ越しをすることになりました。

引っ越ししてから少しして落ち着いて、疲れが出たのか鼻とのどの調子が悪くなったので、病院を探しました。

私が住んでいる家の近くには耳鼻咽喉科がたくさんあり、どこがいいのか迷ってしまいました。

新宿 耳鼻科 で口コミを抽出して見ても、どこも良い内容ばかりです。

でも一度行ったら、新しいとこに行くのが面倒だなと思ったので何時間も携帯とにらめっこをしてました。

それからしばらくして、新宿駅の近くにあるビルの中に耳鼻科があるのを見つけました。
ホームページを見ましたが清潔でよさそうな感じです。

実際行ってみるとけっこうたくさんの患者さんが待っていました。

ただ同じクリニックに、内科や皮膚科なども入っており、そちらの方が混んでいたようで、私は意外と早く名前を呼ばれました。

耳鼻科は、初診のときは、受付で問診票などを書いてから順番ですので少し時間がかかりましたが、薬の内容も説明してから処方してくれるので、安心して通院できます。